消費税額表示の変更について

消費税額表示開始のご案内

かねてより、Eメールやセラーセントラルのトップページでご案内してきました「消費税額表示に伴う仕様変更」ですが、2018年11月1日付で開始となりましたのでお知らせいたします。

この開始に伴い、消費税納税義務のある大口出品者様の、レポート及びAPIの仕様が一部変更されます。主な変更点は以下となります。
1. 決済関連のレポート及びAPI出力 税込価格のみから、税抜価格と税額の表記へ
2. 注文レポート及びAPI出力 税込価格と税額の表記へと変更されます。
早見表はこちらよりご確認ください。

納税義務有と設定されている出品者様が、海外へ配送する場合、設定されている税込み価格から税額が引かれた価格である、税抜き価格が購入者に請求されるようになります。 注文レポート /Order APIでは、税抜き価格が表示され、税額が0と表示されます。なお、商品登録を行う際は、従来通り価格欄には税込み価格のみの入力となりますので、追加の対応は不要です。なお、大口出品者様の初期設定は納税義務有です。納税義務の確認方法はこちらとなります。

よくあるご質問については、こちらをご覧ください。