アンテロープ
渡辺 様

在庫管理、受注管理、商品登録を一括して実施できる一元管理システムを導入したことにより、作業時間の短縮に伴う大幅なコストカットに成功された、アンテロープの渡辺様にお話しを伺いました。

ノンブランド系のレディースシューズを販売しておりますアンテロープです。

お店の卸売り販売を主としていましたが、直営販売として2003年以降、ECサイトでの販売を開始しました。

Q: システム導入前の課題や解決策について詳しく教えてください

様々なECサイトで商品を販売するにあたり、1番の課題は在庫管理でした。当初、在庫に関しては、どこかのECサイトで商品が売れた際には、すぐさま残りのECサイトの管理画面にログインし、それぞれのサイトで該当商品の在庫を調整していました。しかし、この方法は人の手を介すため、ミスが起こりやすく、また、深夜に売れた場合などには対応しきれず、度々売り越しが発生していました。

何か一元管理できるシステムがないか検討していたところ、今のシステムに出会いました。一元管理システム(e店舗マネージャー)を導入した今では、全ての在庫数が自動的に調整されるため、売り越しはほぼなくなりました。

Q: 在庫管理の他にもご苦労されていた点があれば教えてください

e店舗マネージャーを導入する前は、各ECサイトの管理画面にログインして商品登録をしていたので、全てのサイトで商品登録を完了させるために、1商品あたり2時間もかかっていました。e店舗マネージャー導入後は、1カ所に登録すれば全てのサイトに自動連動されるので、20分で登録できるようになりました。こうして登録にかかる時間が大幅に短縮できたことで、作業効率が格段に向上しました。

また、商品連動は10分間隔でデータが送信されるので、商品名や価格、カテゴリ等を各ECサイトに合わせて簡単に変更することができます。また、説明文に添えるURLリンクもサイトごとに自動で変換することができるので、とても便利です。さらに、画像もそのまま同時に送信できるので個別にアップロードする必要がなくなりました。

加えて、自社サイトにもそのまま登録できて、一石二鳥どころか三鳥、四鳥・・・です。

Q: 一元管理システムを導入したことによるコストメリットをもう少し詳しくお聞かせください

一元管理システムを導入したことによって、在庫管理、受注管理、商品登録を一括して実施できるようになり、作業時間の短縮に伴う大幅なコストカットへと繋がりました。

ツール利用にかかるコスト以上の効果が出ていると実感しています。

余裕ができた時間でお客様への対応やバナー作成、サイト構築などに費やすこともできるようになりました。

Q: 他のEC事業者様に対してメッセージをお願いします

特に事業者の顔が見えづらいECビジネスでは、在庫切れや売り越しなどで購入者の方ががっかりされることのないよう、徹底した在庫管理や在庫数の着実なサイトへの反映といった運用を通じて、信頼を築くことが大切だと思っています。

複数のECサイトで販売をしていると難しい場面も度々あるかと思いますので、複数のECサイト間での在庫連携が可能なツールのご利用をお勧めします。

ますます複雑化してきているECビジネス業界において、さらに業務効率を改善できるよう努めていきたいと思います。

出品(出店)サービスをご利用いただいている方

※セラーセントラルのログイン情報が必要になります。

出品(出店)サービスをご利用されていない方

※Amazon MWSをご利用いただくには、事前に大口出品サービスへのご登録が必要です。

小口出品サービスではご利用いただけません。

Amazon MWSに関するよくある質問と回答はこちら