Eitas Japan
刑部 様
最近ではMade in Japanの製品を世界に発信していくために、国内メーカーへの企画提案や海外販売に興味がある事業者様向けにコンサルティングも行っていらっしゃるEitas Japan様にお話しを伺いました。

以前は煩雑な業務を3名で対応していたところ、今では1日数百件の受注処理を最大2名のスタッフで対応できるようになりました。

Q: Amazonで海外販売を始めたきっかけをお聞かせください

元々、Amazon.co.jpを含めた国内のECサイトで輸入品を中心に販売していましたが、次第に売上が伸び悩みはじめ、別の販路を探す必要性に迫られました。また、輸入販売ができるのなら、輸出販売もできるのでは?とAmazonでの海外販売に興味を持ち始めました。

さらに当時、海外メーカーと協力してとある商品の日本での販売計画を進めていましたが、品質についてどうしても折り合いがつかず販売を断念したことがありました。その時にMade in Japanの商品の品質の高さに改めて気付かされ、日本の商品を世界に発信していきたいと強く思ったのが、海外販売を始めることになった直接のきっかけです。

Q: 受注管理システムを導入して何が改善しましたか?またビジネスにどのような影響がありましたか?

受注管理システム(SAATSコマース)の導入により、作業時間が大きく短縮しました。導入前は注文商品の突合わせや国際郵便ラベルの作成、発送通知といった受注管理業務に多くの時間を割いていました。また、発送作業が追いつかず、さらなるご注文をお受けしないよう、アカウントを休止設定せざるを得ないこともありました。

多い日には1日、数百件のご注文をいただく中で、当初はこうした受注管理業務に3名のスタッフが必要でしたが、SAATSコマース導入後には最大2名のスタッフで対応が可能になりました。(当社比)

さらに、SATTAコマースとブラウザの拡張機能を合わせて利用することで、作業時間を最大で10分の1に短縮することができたため、2016年のホリデーシーズンには休止設定することもなく、最も少ないスタッフ人員で過去最高の売上を達成することができました。

Q: 海外販売で楽しいこと、難しいことは何ですか?

海外販売に携わっていて、一番励みになるのは、購入者様がMade in Japanの商品品質の高さに喜んでくださることですね。その表現は様々で、突然の国際電話でお伝えいただくこともありますし、直筆の手紙やクリスマスカードを送ってくださる購入者様もいらっしゃいます。

逆に難しいことは返品が多いことです。海外販売を開始する前から、日本での販売に比べて返品が多いと聞いており、ある程度は覚悟していましたが、想像以上だったので始めは驚きました。この点については引き続き改善に向けた取り組みを重ねているところで、徐々に返品率は低くなってきています。

海外販売は日本に居ながらにして文化の違いを感じられるのが楽しいですね。

Q: これから海外のAmazonで販売される事業者様にメッセージをお願いします

昨今、「クロスボーダーEC」「越境EC」という言葉を耳にする機会が増えてきました。一方で、Made in Japanの製品の良さを知るお客様はまだまだ少ないとも感じています。

そして、海外販売を始める前は国内でどうビジネスを展開すればよいか考えてきましたが、今は日本を含めた世界でどうすればよいかを考えることができるため、可能性が大きく広がりました。

また、数年前までは実際に商品を販売してみないと分からなかったことがたくさんあったと思いますが、最近では、各国で商品に対する需要がどのくらいあり、いくらで販売されているのかを簡単に調べられるようにもなってきています。このように世界市場に関する情報をより簡単に入手できる環境にもあると感じています。

さらに、業務の効率化を促進する便利なツールも数年前に比べ、数多く開発されていると思います。私はSAATSコマース導入前の受注管理業務は、手書きなどで一つひとつ対応していましたが、今は簡単な情報入力とクリックだけで完結しています。

個人的には、より効率的に海外での販売を始めるために、各社の販売方法に合わせたツールは積極的に導入するべきだと思います。

Eitas Japanが紹介しているSAATSコマースについて

SAATSコマース

SAATS CommerceはAmazonジャパンに加え、Amazonアメリカ、カナダ、メキシコ、イギリス、フランス、ドイツ、スペイン、イタリアの9つのAmazonマーケットプレイスでの受注管理を対応したマルチチャンネル受注管理システムです。

Amazonの海外の主要マーケットプレイスに販売後、受注した商品を日本郵便の国際郵便ラベルとAPI連携しており、EMS, eパケットといった発送サービスのラベル印刷が瞬時にでき、出荷手続きまでソリューション側でできる仕様になっており、多くのユーザー様に重宝されています。

「SAATSコマース」の詳細情報へ

 

出品(出店)サービスをご利用いただいている方

※セラーセントラルのログイン情報が必要になります。

出品(出店)サービスをご利用されていない方

※Amazon MWSをご利用いただくには、事前に大口出品サービスへのご登録が必要です。

小口出品サービスではご利用いただけません。

Amazon MWSに関するよくある質問と回答はこちら