MARSHAL株式会社
第二事業部 通販部門 若山様

メーカーとして、PC関連機器を多くのモールで販 売し、順調に売上を伸ばしているMARSHAL株式 会社の 若山様に、自社出荷在庫を全てフルフィル メントby Amazon(以下、FBA)に切り替え、他 モールの出荷も全て自動化した実績についてお話を伺いました。

自社に保管していた在庫を全てFBAに切り替え、Amazonでの売上が155%増

Q: 全ての発送業務をFBAマルチチャネルサービス・自動出荷運用に切 り替えた理由を教えてください

店舗を複数のモールに展開しているなかで、受注や発送等の管理業務が膨れ上がっていたことが背景にあります。

1日に数百件の受注・発送管理業務が発生している状況で、基幹システムへの取り込みから出荷指示作業、ピッキング・梱包作業など膨大な作業ボリュームが発生していました。

受注管理業務・発送業務に対して10人近くの人員が専属で従事する必要がありました。

そういった中、FBAマルチチャネルサービスと自動出荷指示ツール「シッピーノ」の存在を知り、これらを導入すれば現状の業務を大きく改革できると確信し導入を決断しました。

全て自社に保管していた在庫を全てFBAに切り替えたことにより、Amazonでの売上が155%増、一方で、FBAマルチチャネルサービスとシッピーノを利用する事で出荷管理業務コストが大幅に削減できました。

Q: 出荷管理業務コストも削減されたとの事ですが、もう少し詳しくお聞かせください

従前は、1日数百件の注文を処理するため、受注管理業務には2名のスタッフが、出荷管理業務には7名のスタッフが、専業として作業していました。

しかし、システム導入後は、受注管理業務はパートタイマーのスタッフ1名が1日5時間程度の作業で済ますことができるようになり、出荷管理業務に関しては、作業人員コストが実質ゼロになりました。

その結果、受注・出荷管理業務から解放された人員を、より戦略的な仕事を行っている通販事業部に充てる等(通販事業部の人員を3名から11名へと大幅に増員)、社内組織を大きく変化することが出来ました。

今回の導入を経て、日々の業務を遂行するだけの体制から、事業を成長させる為の体制に変化する事ができたと思います。新体制では海外への事業展開など、新しいチャレンジがどんどん進んでいます。

Q: 他のEC事業者様へのメッセージをお願いします

正直、競合他社がFBAマルチチャネルサービスとシッピーノのようなシステムを手に入れることを考えると怖いですよ。

しかし、これらの効率的なシステムは、今後間違いなく標準となる仕組みだと思いますので、そんな中、業界の先駆けとして今回の導入に成功できたのはうれしく思います。

既存の社内体制を大きく変えることは大変で、課題も色々と出てきますが、誰かが社内で先陣を切ってやるべき非常に重要な事だと思います。

今後は、海外のFBAマルチチャネルサービスとの連携など、大きな市場でも色々な連携が考えられ、さらに面白くなっていくと思います。

MARSHAL(株)が紹介しているSHIPPINNOについて

シッピーノはFBAマルチチャネルサービスと連携し、Amazon以外のモールで発生する注文を自動で出荷指示する事ができるWebサービスです。
注文発生から出荷指示まで最大10分、365日24時間自動で出荷指示されるため、店舗様の休業日でも自動で出荷指示が完了します。
各モールの在庫同期や、出荷完了時のメール送信など、これまで人の手で行っていた業務の大部分を自動化する事が可能です。


SHIPPINNOの詳細情報へ 

出品(出店)サービスをご利用いただいている方

※セラーセントラルのログイン情報が必要になります。

出品(出店)サービスをご利用されていない方

※Amazon MWSをご利用いただくには、事前に大口出品サービスへのご登録が必要です。

小口出品サービスではご利用いただけません。

Amazon MWSに関するよくある質問と回答はこちら